汚れやすいのに掃除しにくい…網戸掃除のポイント

網戸掃除の必要性

軽い汚れ落としはブラシと拭き掃除で

一番手軽な網戸掃除の方法は「拭き掃除」です。
ただし、いきなり網戸を拭いてしまうと、布が真っ黒になってしまうばかりかホコリが濡れて網の中で固まってしまいます。
まずは乾いた掃除道具で細かい汚れを落としましょう。

部屋にホコリが入らないように窓を閉めたり、新聞紙を敷いたりした後に、目の細かいブラシで網戸を軽く叩いていきましょう。
これで、細かい砂のような汚れが落とせます。
また、乾いたストッキングを丸めて、静電気で汚れを落とすこともできます。

ある程度汚れが落ちたら拭き掃除をするのですが、このとき「フロアワイパー」を使うのがおすすめです。
雑巾だと力が一点に入りすぎてしまい網戸が傷むことがありますが、フロアワイパーなら優しい力を均一にかけられます。
また、上の方にも届くため便利です。

掃除機を活用

拭き掃除の前には大まかな汚れを落とすことが大切ですが、ブラシやストッキングがなかったり、汚れの飛び散り対策が難しかったりする場合は、掃除機を使うことで解決できます。
掃除機のヘッドを網戸に当てて、優しく動かしてゴミを吸い込みましょう。
ただし、重い掃除機を使う際は、網戸をたまわせないように慎重に行なってください。

掃除機を網戸にそのままかけてもいいのですが、新聞紙を使うことでより多くの汚れを吸い込むことができます。
網戸の外側に新聞紙を貼ることで空気が逃げなくなり、掃除機と網戸が密着してゴミが網戸から取れやすくなります。

また、掃除機のノズルを細いものに替えると、網戸のサッシ部分やレール部分を掃除することができます。


この記事をシェアする