汚れやすいのに掃除しにくい…網戸掃除のポイント

汚れが強いときはどうやって掃除する?

道具を使って汚れを落とす

フロアワイパーや雑巾でも汚れが落ちない場合には、他の道具を使ってみましょう。

網の表面やサッシなどに固まった汚れがこびりついている場合には、メラミンスポンジが有効です。
メラミンスポンジを水に浸し、網戸を軽く撫でるようにしてこすりましょう。
メラミンスポンジが黒くなったら水ですすぎ、小さくなったら交換してください。
最後に、メラミンスポンジから出たカスを取り除いてください。

網戸の隅や、網の中に入り込んでしまった汚れは、使い古しの歯ブラシを使うと落としやすいです。

これらの道具がない場合は、網戸掃除専用クリーナーを購入してしまうのも手です。
シート型のものやローラー式のもの、水圧で洗浄するものなどたくさん種類がありますので、汚れや場所によって最適なものを選びましょう。

洗剤を使って汚れを落とす

ヤニや油汚れなどの汚れが酷い場合には、洗剤を使って落としましょう。

網戸専用のスプレー洗剤は汚れを落としやすく、広範囲に噴射できるので便利です。

また、網戸専用の洗剤を買わなくても、家にあるもので代用できます。
網戸にも使えると記載されている床用洗剤を使ってもいいですし、キッチンなど油汚れが強い場所なら食器用の中性洗剤を使うと油汚れが落ちやすいようです。
これらの洗剤を網戸にかけた後、絞った雑巾やフロアワイパーで両面を拭いて洗剤を取り除き、最後に乾拭きで仕上げましょう。

洗剤の拭き取り作業が面倒な方は、重曹水を使って掃除するのがおすすめです。
重曹を水に溶かし、スプレーボトルに入れて網戸に噴射したあと、拭き取りましょう。
こらなら、合成洗剤ほど丁寧に洗剤を取り除かなくても問題ありません。


この記事をシェアする